リハビリテーションについて

(当院は理学療法士3名が常駐する運動器リハビリテーションⅡの認定施設です)
痛みを取る手段として、我々整形外科医が選択する方法は、適切な診断を下したのち

  1. 疼痛部位やその関連部位の安静
  2. 内服薬、外用薬、点滴などによる薬物治療
  3. 神経ブロック注射、関節内注射、腱鞘内注射などの各種注射による治療
  4. サポーター、コルセット、足底板などの装具による治療
  5. 手術療法

などが挙げられますが、これらに加え整形外科治療の中で非常に重要な位置を占めるものとして、
リハビリテーションが挙げられます。

リハビリテーションは、物理療法、運動療法に大別され、物理療法では電気・光線・温熱・水・マッサージなど物理的エネルギーを利用して痛みや緊張を緩和し、局所の循環を改善すると同時に身体の生理的機能の改善を図ります。

また腰、首といった脊椎疾患の場合、牽引治療は有効な手段であると考えられていますが、当院では、特にその患者数が多いとされる腰痛に関して、ソフトバンクホークスの小久保選手の復活に一役買った
腰椎牽引器プロテックを導入したほか、骨折に関しては骨癒合促進に有用とされる低出力超音波パルスLIPUS(ライプスもしくはリーパス)を導入し、治療期間の短縮に一役買っています。
これらのみならず、関節疾患に関しても、トップアスリートたちが愛用し、また実績を上げている最新のリハビリテーション機器を導入しています。(詳細は院内設備、機器紹介をご参照ください)

運動療法では、医師の指示の下、理学療法士が各患者さんを診察し、その症例ごとにプログラムを組み、

  1. 筋力低下に関しては各人に見合った筋力トレーニングを、
  2. 関節可動域の制限に関しては患者さんの協力のもと可動域訓練を、
  3. 歩行障害に対しては、平行棒内歩行訓練、あるいは歩行介助による歩行訓練を
  4. 痛みに関しては、緊張の強くなった筋肉をストレッチ・マッサージによりリラックスさせることにより除痛を図ります。

当院では、3名の常勤理学療法士が運動療法を施行する運動器リハビリテーションⅡの認定施設であり、治療を行うとともに、患者さん自身による全身調整運動・バランス改善運動・ストレッチなどの指導も行っています。

なお、この運動器リハビリテーションは個別のものとなりますので、予約制を取っています。